(読書メモ) 「そして、奇跡は起こった!―シャクルトン隊、全員生還」

「そして、奇跡は起こった!―シャクルトン隊、全員生還」という本を読んで色々考えさせられました。
南極横断を目指すのだけど、大陸到達すらかなわず、逆に1年以上も漂流…。
しかし、南極の過酷な環境の中にあって、全員生き延びたという奇跡!

記録をもとしたドキュメンタリータッチなので、ドキドキ感・臨場感はやや抑えめですが、
それでも十分おもしろいです。

第一次世界大戦の頃の話だから、相当、昔の話。20世紀初頭の話ですねぇ。
プロジェクトチームを率いるPMとしての観点で色々と示唆をもらいました。

そして、奇跡は起こった!―シャクルトン隊、全員生還



●読書メモ

とりあえず目的地が決めれば、それで十分だ。そこに着いたら、次のステップを考えればよい。

生きのびたければ身軽になれ。非情になって物への愛着を断ち切れ。そして装備ではなく自分自身の野性を信じろ。シャクルトンはその場その場でしなやかに対応するというのを信条としている。あらゆる緊急事態に備えて、重い荷物をかついでいくのはおろかなことだ…。

それでもコックは陽気さを保っていた。

みんなは生きている。それに比べたら汚いことが何だというのだ。

つけたした板の継ぎ目には、マフラーをほどいた毛糸を詰めた。詰めた毛糸を固めるために、画家の油絵の具を上から塗りこめた。彼の工夫は賞賛に値した。
#ありあわせで目的を達成してしまう


不必要な危険を嫌い、考えなしのおふざけには断固反対した。

目に見えるきずな

生きのびるためにはお互いに協力する以外、道はないことを全員にはっきりと思い起こさせた。

全員が団結していてさえ、生きのびる可能性はほんのわずかなのだ。

#余裕のあるうちに先手を打っていく。

いかなる時にもユーモアを。

士気を保つためにうわべは平静をよそおった。「隊長はいつも快活で、あの人といると元気が出た。オレたちはやってみせる、ここから絶対脱出するぞっていう、そんな気になれた」誰一人、ボスの心痛には気付いていなかった。

クロノメーターというイノベーション

そのときが来たらいつでも船出できるように、準備にぬかりがあってはならない。

#人は生きる空しさから逃げるために忙しくする。人との豊かな関係が、豊かな人生を運んでくれる。

緊急事態に備えての訓練は十分積んでいたので、各自とるべき行動がわかっていた。


鳥がいるということは近くに氷のない海があるということだ。氷の割れ目でクラゲを見つけたが、これも海が近いしるし。
#兆候、印に気付く。

シャクルトンは最後まで残って全員が安全に渡り終えたのを確認した。

大きな問題をかかえ、寝ることもできなかったにもかかわらず、隊員一同機嫌がよかった。長いこと待たされたあげく、やっと行動に移れたからだ。…これまでは自分たちにできることは何一つなかった。それが今では、自分たちのために力をふりしぼって動いている。…希望にあふれ楽観的。

誰か一人が特に具合が悪そうになると、ボスは全員に熱いミルクを飲むように命じた。そうすればボスが熱い飲み物を本当に飲ませたい一人が休憩は自分のためだと気付かずにすむし、結局全員が、温かさと栄養を必要としていたのだ。

陸が近いしるしだった。みんなが歓声をあげた。
#しるしをみつける


苦も楽も平然と受け止め、決してくじけることのない、陽気な心に幸あれ。

われわれを前へ前へとつき動かしていたのは、どうしてもエレファント島にいる仲間を救いたいという焼けつくような思いだった。もしも自分達のことだけを気にかけていたのだったら、結果は違っていただろう。雪の中を歩いていると、しかも空腹ならなおさらだが、ひどく疲れてしまい、眠ることさえできればもう何もいらない、という気になるものだ……。しかし、私は隊長であり、私を信頼して待っている仲間がいた。彼らを思うと、どれほど苦しくても前へ進まないわけにはいかなかった。この思いのおかげで、われわれはハリケーンの中を航海し、けわしい山々を這いずって登り、そして這いずって降りることができたのだ…。ついに捕鯨基地に着いたとき、どんな言葉でも表しようのない、気も狂わんばかりの喜びを感じたのは、仲間のことを思ったからだった。われわれは、自分たちが助かったというふうには感じなかった。ああ、これで仲間が助かった、と強く感じた。
[PR]

  # by hony-b | 2009-03-24 17:05 |

資料の見やすさ・わかりやすさは、相手への愛から発生する。

資料の見やすさにはこだわります。

わかりやすく相手に伝える、というのが目的です。

わかりやすい=速く相手に伝わる=キモチイイ。


…とまぁ、理由付けはできますが、
実際のところは、単純にシンプルな構造が心地よく感じられるから。

でもそんなマインドで資料を作っていると、ともすれば目的を見失いがち。
手段のための手段。
ただキレーなだけの資料ができあがってしまいます。


そこで、自戒を込めて意識したいのが、「何を起点に資料をデザインするか」ということ。

で、今日得た結論は


 「相手への愛」


でした。



●相手への愛にあふれた資料の作り方

1. スタート地点として、相手への愛をセットする。

2. そうすると次にくるのが、「相手はどんな情報を必要としているだろう?」という質問。
  「相手のタメ」に考えていく。目的をここで考えることになる。

3. 「相手が必要だろうと自分が考えること」を軸に情報を構成する。あらゆるデザインテクニックを縦横無尽に駆使する。

4. 必要最小限の構成要素・配置になっているか、見直す。

5. 相手に渡して、伝える。


スタート地点とゴール地点を誤らなければ、ルートはなんでも良いはずです。
そうすると、その道=ルート(プロセス)を歩むことが、ゆっくり楽しめる副次効果も見込めます。

平安な気持ちで物事に取り組めることほど、幸せなことはありませんからね。
[PR]

  # by hony-b | 2008-11-18 12:45

アクティブユーザのApplication Dataをサッと参照する方法: %AppData%

家PCのFirefoxが壊れたので、会社のprofileをコピーして家に持っていく計画。
やり方がわからんので、早速、「firefox bookmark のバックアップ」ってな感じでぐぐってみました。

その中で知ったテクをシェア。




%AppData% と入力すると、C:\Documents and Settings\[ユーザ名]\Application Data になってくれるんですね。
上記では Windowsのスタートメニューから [ファイル名を指定して実行] ですが、Explorer のアドレスバーに入力してもOK!

重宝しそうです。


%~%は環境変数を参照する方法みたいです。
関連するかは微妙ですが、[ファイル名を指定して実行] からいろんなアプリを簡単に起動できる方法を見つけました。付記しておきます。

●1or0 パソコン初心者脱出-ファイル名を指定して実行
 http://www.1or0.net/contents/run_dialog.htm
[PR]

  # by hony-b | 2008-03-11 10:33 | PC howto

どんなに高い位置に到達しても、なお進む道がある。

「もっとボールをコントロールして得点に絡みたい」(小野伸二・サッカー選手)

現状から前を見据え、横たわる課題に目を向け、いかに乗り越えるか、に意識を集中させる。
どんなに高い位置に到達しても、なお進む道がある。
[PR]

  # by hony-b | 2008-03-11 00:28 | 仕事の見方

歴史は人間力学の教科書だ。

歴史は人間心理の物語。

人間の考えることは、そんなに大きく変わらない。

だから人間力学を学ぶのに、豊富なケーススタディを含んだ最適な教科書である。
[PR]

  # by hony-b | 2008-03-10 11:53 | 人の動かし方

SEM SKIN - DESIGN by SEM EXE